review-the-item.net

魔人探偵脳噛ネウロ 謎を喰らいに地上に来た魔人!プロットの良さとユーモアを描く作者のセンスは次作にも!

広告

全23巻 文庫版全12巻

f:id:strunning:20170205141437j:plain

ストーリー

女子高生「桂木弥子」の父親が殺害される。警察の捜査が進展せず、茫然自失する中、弥子の前に「脳噛ネウロ」という男が現れる。彼は地上に謎を解きに魔界からやってきたという。果たして彼は犯人の正体を暴き、地上のあらゆる謎を解き明かす事が出来るのか...

広告

絵はお世辞にも上手いとは言えないが、シナリオは面白く、ボリュームがある

絵はお世辞にも上手いとは言えないが、シナリオは面白く、ボリューム、小ネタもあり、読むのに良い意味で疲労感を生む作品。魔人探偵とあるが、探偵物は序盤だけと言ってよく、探偵物みたいなら「コナン」「金田一少年」をお読み下さい。


ジャンプ作品の中でも色物で万人受けはしないこの作品。グロテスク要素もあり、嫌悪感も覚える所もあったが、少年誌でここまで描ききったのは作者の力量。HAL編、シックス編と読み応えが十分にあり、ネウロとヒロインとのラストにつれての絆には感動を覚え、ラストも良く締める。


グロテスク耐性がないので今作品よりも次作の方が個人的には好み。ネウロのグロテスクな部分を削ぎ落としたのが「暗殺教室」。暗殺教室ネウロの順番で読みました。過激な描写が好きな人はネウロを好むのかな。

 

タイトルと絵柄で敬遠していた松井優征氏の2作品。読了後思う事は嵌まればこの作者の作品にハズレなし。

 

面白いおすすめ漫画!連載中!完結作品紹介!【随時更新】 - Review-the-item.net