review-the-item.net

【レビュー・感想】ブライト・映画の在り方【Netflixオリジナル】

内容は普通のアクション大作。

 

それよりもNetflixオリジナルで映画を製作するという点が凄い。映画館ではなく、ストリーミング配信サービスで新作映画を公開した事で、本来の映画スタイルが一変する。

 

Amazon、Netflixとオリジナルで製作して自社サイトで映画を公開する。もう映画の在り方は変わったんだなと思う。映画はたくさん見るが、映画館には全く行かない。

 

家で視聴するスタイルが定着した今、映画館料金の割高さを考えてもまず行くメリットなんてほとんどない。アメリカでは600円前後で映画が見られるのに対して日本は1800円。それは娯楽としてはかなり高い料金設定となる。ストリーミングサービスのAmazonは月400円。Netflixは650円から、ある程度のドラマ・映画が見放題。

 

自身が映画館に行くメリットはほぼ皆無であり、映画館はストリーミングサービスに駆逐される時代で映画の在り方は変わった。

 

大画面で音響や映像の体感を味わうというより、小さい画面・大した音響設備ではなくとも、一人で作品を見ている方が良いという考えにシフトして来ている。

 

テクノロジーが発達し、一人で落ち着いてゆっくりと映画を見られるという環境でストリーミング配信会社がオリジナル作品を制作し「製作・配給・興行」の全てを担う事は当たり前の事になり、映画は映画館で見るものではなく家で見るものとなった。昔より映画を見る頻度が高くなり、テクノロジーの恩恵を凄く受けている。