review-the-item.net

映画「暗殺教室」漫画って素晴らしい表現方法だなと教えてくれる実写映画化作品。

広告

f:id:strunning:20170109232843j:plain

実写化された作品を見てつくづく思うことは漫画の表現方法って素晴らしいんだなと再確認出来る事

感想一言。残念。圧倒的な描写不足。2時間×2でまとめようとするのは無理。これで邦画No.1って。考え方の一つとして、好きな原作が映画になって駄作になったと思うのではなく、映画から知って貰って原作を読んでもらうとする大がかりな宣伝を映画という媒体に乗せてと捉えると原作ファンは大喜びな訳です。原作を見て、あれ?映画より原作ってこんなに面白いの?と。より多くの共有者が出来る訳ですからね。他の漫画原作だってそうです。

 

その他にも良い俳優人使っているのに勿体ない。椎名桔平氏のアウトレイジの演技の凄み見ました?この作品に出る俳優さんではないですよ。高嶋政伸氏の鷹岡先生の狂気のシーンも魅せる前に終わっちゃったし。今旬な俳優菅田将暉氏も勿体ない使い方しすぎ。E組の生徒達も個性が発揮されず、モブ扱いだし。こども店長は棒だし。橋本環奈ちゃんは変な髪型だし。知英ちゃんは頑張ってた。暗殺者ビッチ先生役お似合いでした。ん?贔屓?気のせいです。(すいませんKARAファンでした。)殺せんせー?ヌフフですよ。

 

渚が殺せんせーをこのクラス以外で殺されたくないと呟いていたシーンも描写不足。映画始まって30分ぐらいで大して教師見せてないのにあの台詞ですよ。原作見てたから補完出来ましたけど、原作見てなかった視聴者なら、この黄色い生物になんか思い入れあったっけ?ですよ。烏間が渚にナイフを託すシーンも描写不足でなんでお前なの?状態ですし。何も見てないのに一番弱そうなやつ選びます?烏丸先生。強いの他にいるじゃんって。そのすぐ後のシーンも、えっ?フザケてるの?でしたしね。鷹岡先生2分前見せた父ちゃんのビンタ見せて下さいよ!ですもん。

 

けれど、誰も悪くない、題材が単に漫画向きで映画に不向きな作品だっただけです。俳優人達も脚本も苦労したでしょう。中身が濃い原作ほど実写化は難しい。実写化された作品を見てつくづく思うことは漫画の表現方法って素晴らしいんだなと再確認出来る事です。実写化がダメな訳じゃないんです。原作がスゴすぎるんです。そんな映画、暗殺教室。原作&映画、未読見聴の人は見てみて下さい。日本漫画は世界に誇れる表現技術だと思えるはずです。映画版と見比べて原作者の漫画に対する描写力に感銘を受けましょう。


映画 暗殺教室 DVD スタンダード・エディション

映画 暗殺教室 DVD スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: DVD